グリーンカード抽選の応募、申請から取得までの流れ

グリーンカードの申請〜取得まで2年ほどとお考え下さい

グリーンカードについて」のページでアメリカ永住権、グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)の概要はつかめましたか?ではどうやってグリーンカードを取得するのか?ここではグリーンカード抽選プログラムの申請から取得までの主な流れを解説します。

このページではグリーンカードジェーピーのサービスご利用を前提に解説しております。

「グリーンカード抽選応募代行サービス」に申し込む

まずはアメリカ永住権の抽選プログラムであるグリーンカード抽選プログラム、DVプログラムに申請しなければ何も始まりません。「お申し込み」ページから、該当コースを選択し、お手続き下さい。使いやすく丁寧な解説付きのフォームで安心確実にお申し込みいただけます。
※リピーターのお客様は「マイページ」から簡単にお申し込みいただくことができます。

案内に従って手続きをすすめ申請完了。当選発表日を待つ

グリーンカード抽選プログラムの申請までの作業の進め方は「お申し込みの流れ」ページをご確認下さい。
100%確実申請をお約束するグリーンカードジェーピーが責任を持ってグリーンカード抽選プログラムへの申請をいたします。申請が完了しますと直ちに証明書の発行とご報告を差し上げております。
当選発表は翌年の5月1日(アメリカ時間)より国務省サイトにてオンラインで確認できます。

おめでとうございます!!!
引き続き、手続きを進めましょう。
↓↓↓

残念でした。間もなく次回受付が始まります、あきらめず再チャレンジ!

当選手続きを開始する

グリーンカード抽選プログラムの当選者は、実際のビザ発給数(5万件)に対し辞退や資格不足などを見越して倍近い数(約10万件)の当選者が選出されます。その年のグリーンカード抽選発給数に達すると手続きは打ち切られますので、当選したらまずケースナンバーを確認し対応検討が必要です。ケースナンバーはその後の手続き順を決める重要な数字です。
グリーンカードジェーピーの「グリーンカード抽選応募代行サービス」をご利用いただいた方には無料で当選後のケースンバー分析・手続きのアドバイスなど、きめ細やかなサポートを行っておりますのでご安心ください。

在日アメリカ大使館にて面接

手続きが正しく進むとアメリカ大使館(または沖縄総領事館)での面接の日程が設定されますので指定日時に出向きます。面接は英語に不安があれば日本語でも大丈夫。内容も準備物に間違いがない限り、役所手続きのようなもので特に難しくありません。
面接時にパスポートを預け、数日後グリーンカード用の手続きを終えたパスポートと書類が返送されてきます。

アメリカ入国

面接から半年以内にアメリカに入国します。入国時には外国人用の入国審査ではなく、移民用の手続きを行います。問題がなければ、パスポートに仮のグリーンカードのスタンプが押されます。おめでとうございます!これで正式な移民として認められました。

正式なグリーンカードを受け取る

グリーンカード

3の返送書類で指定したアメリカの住所に入国からおよそ1ヶ月ほどで正式なグリーンカードが届きます。
就労、アルバイト、就学、奨学金、、、そして定住!!自由の国アメリカでのさらなる自由を手に入れ、可能性がさらに広がりましたね。
充実したアメリカ生活をお過ごし下さい!Good luck!

応募のコツをつかんで確実に申請しよう!

グリーンカード抽選応募のポイントへ

ページ上部へ

2017年度 抽選永住権(DV2019)無料予約

SPCIAL コンテンツ

5分でわかる!グリーンカードの取得方法 当社が選ばれる7つの理由 カスタマーインタビュー。だからグリーンカードが欲しいんです。 当選者サポート 1000番台?3万番台?ケースナンバー徹底分析
Hello! アメリカン・ライフ

グリーンカードジェーピーがお届けするメールマガジン「Hello! アメリカン・ライフ」定期購読は下のフォームからお申し込み下さい。登録はもちろん無料!!

メールアドレス

クレジット・銀行振込・郵便振替

CPISSL