グリーンカード抽選の応募ポイントを知り対策しましょう

グリーンカードジェーピー独自のノウハウで100%確実な申請をお約束

グリーンカードジェーピーが1996年よりグリーンカード抽選の応募、申請代行業務を開始して長年培ったノウハウで、過去何十人もの方々が、見事にグリーンカード(アメリカ永住権)を取得されていますが、「完全無作為抽選」のグリーンカード抽選プログラムで当選するためには、それなりのポイントを把握して、十分に活用することが大切です。ここではその、ちょっとしたポイントについての情報をお届けします。

グリーンカード抽選応募の申請期間内に余裕を持って応募する

毎年多数の方が、グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)の申請期間ギリギリになって応募したり、グリーンカードジェーピーの「グリーンカード抽選応募代行サービス」に申し込まれたりという、いわゆる「かけ込み」が目立ちます。特にDV-2005以降オンラインエントリーに切り替わってからこの「かけ込み」が増えているようです。
そろそろ締め切りが近いからと、期間ギリギリになっていざエントリーフォームに入力してみると、何の項目かわからない、証明写真を準備しても応募規定に適合しているか判断できないなど、問題が山積み。あげくの果てにはエントリーフォームへのアクセスが集中してシステムダウンが起こったりで結局確実な応募とはほど遠い結果に…。
グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)の申請期間に余裕を持って間違いのない確実な申請を行いましょう。それがグリーンカード取得の早道です。グリーンカードジェーピーの「グリーンカード抽選応募代行サービス」は、グリーンカード抽選プログラムの応募期間以外は「無料予約申込サービス」を行っております。この予約サービスにご登録頂きますと、グリーンカード抽選プログラムが実施されると優先的にご案内を行います。グリーンカード抽選プログラムの応募、申請期間はたった1ヶ月しかありません。申請期間を逃す事なく余裕を持って申請を行うために、ぜひDVプログラムオフシーズンには予約サービスをご利用下さい。

グリーンカード実施期間

グリーンカード抽選プログラムの応募規定を厳守した確実な申請手続きを行う

グリーンカード抽選プログラムの応募では、全て英語で表記された入力フォームへの誤入力で年に一度のチャンスを棒に振っている方が後を絶ちません。グリーンカードジェーピーにも毎年多数のお申し込みをいただいていますが、初めてグリーンカードジェーピーの「グリーンカード抽選応募代行サービス」をご利用いただくお客様の、約30%の申請内容に何らかの記述ミスや記入漏れを発見しており、専門スタッフが修正及び校正確認を行っているという現状があります。(リピーターのお客様情報は初回お申し込み時に校正管理され、記載情報に変更点などがないかも毎年確実に確認作業を行っています。)この事からも毎年約30%ものグリーンカード抽選プログラム応募者が無条件失格となっている事情が伺えます。
グリーンカード抽選プログラムの応募は機械的に処理されますので誤記入までは判断できません。一つ一つの情報を専門スタッフが確認管理し、書面での確認にて万全を期し、完全な状態でアメリカ永住権グリーンカード抽選の申込を行うグリーンカードジェーピーの「グリーンカード抽選応募代行サービス」をぜひご活用ください。

グリーンカード抽選プログラム申請の難解な証明写真規定をクリアする


▲PhotoCheckではどちらもOKが出てしまう例。実際は左はOK、右は規定外なのです!この違い、分かりますか?

毎年多数の方が、グリーンカード抽選プログラムで悩み苦しみ乗り越えられない壁が、厳密な「証明写真規定」です。グリーンカード抽選のオンラインエントリーではデジタル撮影写真とプリント写真からスキャニングする二つの方法が選択できますが、それぞれに技術仕様と構成仕様があり、この規定をクリアできるかどうかが、最も難しい問題です。特にDV-2008からは米国パスポートと同様の厳しい写真規定が新たに設けられ、個人でデジカメで撮影して…というレベルでは対応できない状況です。
例えばデジタル撮影では技術仕様として画像フォーマット、ファイルサイズ、解像度、カラー濃度(色深度)の規定があり、フォーマット、サイズ、カラー濃度までは理解できたが、どうしてもファイルサイズが規定内に収まらないといった相談や問い合わせを多くいただきます。
仮にこれらをクリアできても、構成仕様が非常に難解で、目の高さ、顔の収まる高さ、影の具合、背景、焦点、装飾品、頭部の覆いや帽子などに関する写り込みの規定でクリアできていないといったケースが目立ちます。
技術仕様は応募時に機械的に判定を下しているのですが、構成仕様までは機械処理できません。どちらにせよ技術仕様その物が一般的には解決しにくく、構成仕様に関しても当選実績がなければ解釈は難しいものです。

グリーンカードジェーピーではお客様からご提供していただいたプリント写真、デジタル撮影データを専門の画像加工スタッフが技術・構成仕様に適合したデジタルデータに確実に変換し、グリーンカード抽選の応募に使用しています。もちろん過去に何人ものグリーンカード当選の実績を踏まえた画像加工となっており、今までご自分で撮影して申請されていた方にはたいていの場合、撮り直しをお願いしているというのが実情です。詳しくは「当社が選ばれる7つの理由」のページをご参照下さい。

年に一度のチャンスを有効に活かし、こまめに応募する

グリーンカード抽選プログラムの当選発表は、例年そのプログラムが実施された翌年の5月に当選発表が行われます。例え選外になったとしてもすぐにあきらめないで、次のグリーンカード抽選プログラムに向けて、万全の準備をしましょう。
グリーンカードジェーピーをご利用いただき当選されたお客様の中には、ご自身でのグリーンカード抽選の応募が5回、グリーンカードジェーピー利用に切り替えて1回目の応募で、見事にグリーンカードを取得されたという例もあります。ねばり強くあきらめないことも、グリーンカード取得のチャンスを物にするための秘訣といえるでしょう。
応募から取得までの流れについては「グリーンカード取得までの流れ」ページをご参照下さい。

専門家による正確な情報と判断、協力を得る

グリーンカードジェーピーにもグリーンカード抽選プログラムや応募に関して、よくご質問やお問い合わせをいただきますが、グリーンカード抽選応募代行と当選後のサポートまで行っているグリーンカードジェーピーとしては、ご自身による個人申請に関して、業務上お答えできない事も多々あります。もちろんグリーンカードジェーピーをご利用いただいたお客様へのフォローは万全。過去の当選実績から分かった応募のポイントもお伝えできますし、初めてお申し込みのお客様情報に不備があってもスタッフが全て確認し、お客様に訂正依頼や修正内容をお伝えしております。また当選後もアメリカ在住の移民弁護士監修の元、グリーンカードの取得申請手続きを行っており、ご希望に応じてお客様が直接アメリカ在住の移民弁護士に手続きを依頼するためのオプションサービスも完備しています。ご自身でのグリーンカード抽選応募に不安があったり、アメリカ移民ビザの申請方法や当選後の手続きでご不明な点がある場合は、豊富な経験と実績のある専門家に依頼する事も、確実な方法の一つなのです。ご自身での応募が不安な方はぜひグリーンカードジェーピーの「グリーンカード抽選応募代行サービス」をご利用下さい。

グリーンカード抽選の応募はその年のDVプログラムには、1人1回の応募と狭き門となっていますが、規定内で条件さえクリアできれば、最高1人3回分の応募も可能なのです。特に21才までの方は3回分応募の可能性大!詳しくは「当選確率3倍の「元祖!裏技」」のページをご参照ください。

ページ上部へ

2017年度 抽選永住権(DV2019)無料予約

SPCIAL コンテンツ

5分でわかる!グリーンカードの取得方法 当社が選ばれる7つの理由 カスタマーインタビュー。だからグリーンカードが欲しいんです。 当選者サポート 1000番台?3万番台?ケースナンバー徹底分析
Hello! アメリカン・ライフ

グリーンカードジェーピーがお届けするメールマガジン「Hello! アメリカン・ライフ」定期購読は下のフォームからお申し込み下さい。登録はもちろん無料!!

メールアドレス

クレジット・銀行振込・郵便振替

CPISSL