グリーンカードとは

そもそもグリーンカードって何?アメリカ永住権との違いは?
まずは基本情報を押さえておきましょう。

アメリカ移民ビザとグリーンカード

アメリカに日本人がビザ(査証)なしで入国できるのは年間90日以内で目的は観光か商用と定められており、アメリカでの長期にわたる滞在や就労、就学、頻繁な出入国にはビザが必要となります。
米国ビザには「非移民ビザ」「移民ビザ」があり、アメリカでの永住を希望する場合には「移民ビザ」が必要となります。

どんな時にどのビザが必要?または不要?

  • ハワイへ5日間の旅行
  • フロリダでのビジネス会議に1週間出席
  • 10日間ニューヨークへ古着の買付け
  • アメリカ横断の旅2ヶ月

ビザは不要
(VWP/ESTA)

アメリカのVisa Waiver Program(ビザ免除プログラム:VWP)対象国の国籍者で有効なICパスポートと往復または次の目的地までの航空券・乗船券を所持し、渡米目的が短期の商用や観光であればビザなしで米国に90日以下の滞在が可能。事前にESTA認証が必要。

  • ロサンゼルスへ1ヶ月の短期留学
  • シカゴの取引先との商談で頻繁にアメリカと日本を行き来
  • ボストンの大学へ入学
  • アメリカ主要都市で音楽ツアーのため半年滞在

非移民ビザが必要

VWPに該当しない目的でアメリカに入国し、最終的にアメリカから出国することが前提となる。滞在中はビザで許可された以外の就労等は原則不可。
滞在可能期間は入国時に審査官が決める。非移民ビザはパスポートに貼られた状態で管理される。

  • ラスベガスの劇団にダンサーとして永年所属
  • シリコンバレーの企業で期限を定めず就業
  • ハワイにコンドミニアムを購入し老後を過ごす
  • 米国籍者と結婚しアメリカで暮らす

移民ビザが必要
(グリーンカード)

アメリカに制限なく入国・滞在し、就業の制約もほとんどなく自由に働く先を決められる。アメリカ永住を希望する人にとって最強のビザであり、これがあれば現地の人と同様に雇用してくれる所も多い。
独立したプラスチックカードが与えられる。

移民ビザを取得し、米国における合法的永住資格(アメリカ永住権)の証明として与えられる「永住者カード」がいわゆる【グリーンカード】と呼ばれるものです。

グリーンカードのサンプル。カードデザインは定期的に変更されセキュリティが強化されています

【最新】2017年5月から採用のデザイン
(当社にてご当選のお客様提供カードからサンプル作成)

2010年〜2017年5月
(当社にてご当選のお客様カードからサンプル作成)

1997年〜2010年
(出典:USCIS/米国移民局)

1970〜1990年代
(出典:USCIS/米国移民局)

初期のグリーンカード
(出典:Wikipedia)

グリーンカードを手に入れるには

グリーンカードは以下の方法で取得が可能です。

  1. 米国籍者と結婚する
  2. 米国企業にスポンサーになってもらう
  3. グリーンカード抽選プログラム(DVプログラム)に応募、当選する
  1. 米国籍者との婚姻はグリーンカードが確実に手に入れられる方法ではありますが出会いがないとどうしようもありません。
  2. 企業スポンサーによる取得は学歴や条件が特定される上に現在は取得そのものが非常に難しくなっており、時間もかなりかかります。
  3. グリーンカード抽選プログラムDiversity Immigrant Visa Program(DVプログラム)は高卒以上・逮捕歴がない、など応募申請の敷居が大変低く、一定の条件を満たせばほとんどの方にグリーンカード取得のチャンスがあります。

この他にも、アメリカへ50〜100万ドルの投資やスポーツや芸術・研究等で卓越した能力を有する人物に向けたグリーンカード発給枠がありますが、万人に平等な永住権取得方法という意味ではグリーンカード抽選プログラムをおいて他に存在しません。

DV-2022申込受付中

2020年秋実施グリーンカード抽選プログラム申込受付中。混み合う前にお早めに!

1ヶ月の応募チャンスを確実にDV-2022 お申し込み

2020年実施
グリーンカード抽選プログラム
申込受付中

1ヶ月の応募チャンスを確実にDV-2022 お申し込み

2020年秋実施グリーンカード抽選プログラム
申込受付中。混み合う前にお早めに!